次項有Next Producers Camp 2013 in新潟 開催決定!

2013年6月21日(金)〜23日(日) 2泊3日@新潟りゅーとぴあ

《ナビゲーター》
・仲村和生 (株式会社ネビュラプロジェクト・キャラメルボックス チーフプロデューサー/株式会社ナッポスユナイテッド代表取締役)
・松浦茂之(公益財団法人三重県文化振興事業団 文化会館事業推進グループリーダー)
・伊藤達哉 (有限会社ゴーチ・ブラザーズ代表取締役/阿佐ヶ谷スパイダース制作代表)

・野村政之 (青年団、こまばアゴラ劇場制作)

soon

2012年04月07日

Next Producers Camp 企画にあたり

みなさん初めまして。
今回は少々意気込んで『Next Producers Camp』なるものを企画してみました。
現場で日々せわしなく動きまわる私たち20代にとっては、ちょっとばかり現実味が薄くも壮大なタイトルを背負って、この企画は動き出しました。まさに、『次世代のプロデューサー合宿』です。
では、"次世代"といわれる私たちは、今何が必要なのでしょうか。
私自身の大きな課題でもあります。

日々の現場や、作業に謀殺されがちになる今、東京を少し離れ、同世代と話をしたり、刺激し合いながらそれぞれの"課題"に向き合うことが出来るような2泊3日を目指します。
そして実は、私たちの抱えている"課題"は、今後の日本の舞台芸術の発展を考える上ではとても重要ではないかと思うのです。

大変ありがたいことに、私自身が大好きで尊敬してやまない3名がナビゲーターを快諾してくださいました。
プログラムの構成に至まで、多大なるお力添えに心から感謝しております。
公共、民間、地域、劇団等、枠組みを超えて新たな出会いがあることを大変楽しみにしております。

急遽の開催となり、募集期間が短くなりごめんなさい。
それでもたくさんのみなさまとのご応募を心からお待ちしております。


企画:赤羽ひろみ
1987年生、長野県出身。
桜美林大学卒/(有)ゴーチ・ブラザーズ所属

posted by NPC実行委員 at 01:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

【NPC2012】募集要項


Next Producers Camp 2012 in 松本 募集要項

演劇制作、プロデューサー、アートマネージメントを志す、20代に限定し、『Next Producers Camp』と銘打ち、 信州松本にて合宿を行います。 これからの日本の文化芸術の中枢を担って行く同年代の同志と、それぞれのフィールドで経験を積んできたナビゲーター陣との濃密な3日間を過ごしてみませんか?

《対象》
演劇制作、プロデューサー、アートマネージメントのいずれかに興味かがあり、不安を抱えながらも本気で続けて行きたいと思っている30才以下の方。(経験の有無は問わないが、本気の人)

《日程/場所》

5月3日(木)〜5日(土) 2泊3日/長野県松本市にて

《スケジュール》*若干内容が変更になる可能性がございます
◆5 月 3 日 *集合場所等詳細は参加者に追ってご連絡します。
12:00~13:00 ランチ ※参加は自由です
◎13:30 まつもと市民芸術館 集合
13:30~21:30 ナビゲーターによるプログラム(途中夕食休憩を含む)

◆5月4日
9:00~プログラム開始。
まつもと市民芸術館の施設見学、を予定

◆5月5日
9;00~プログラム開始。
13:00 全プログラム終了予定。

《ナビゲーター》
仲村和生 (株式会社ネビュラプロジェクト・キャラメルボックス チーフプロデューサー/株式会社ナッポスユナイテッド代表取締役)
伊藤達哉 (有限会社ゴーチ・ブラザーズ代表取締役/阿佐ヶ谷スパイダース制作代表)

野村政之 (青年団、こまばアゴラ劇場制作)

《内容》
各ナビゲーターによる講義形式の勉強会と、少人数のグループワークを中心とし、参加者の問題意識や希望等を尊重しなが ら構成する。期間内にて、まつもと市民芸術館の施設見学を予定

《参加費》

12,000 円(宿泊費、会議室費、資料費の実費)
※現地集合、現地解散となります。移動は各自ご手配をお願い致します。
※食費は各自ご負担をお願い致します。
※宿泊は男女別の相部屋となります。ご了承ください。

《募集人数》

15名 ※定員を上回る場合は、書類選考にて決定

《応募方法》

タイトルを【NPC 参加希望】とし、E-MAIL にて下記項目をご記入の上お申し込みください。
1お名前(フリガナ)

2ご所属

3生年月日、年齢、性別
4略歴(いままでの活動歴を具体的に)
5この合宿に望む事、いま抱えている悩みなど
6あなたの“夢”とは?(400〜800字)
7ご連絡先(電話番号/連絡の取りやすいメールアドレス)

《応募締切》

4 月 15 日(日) 24:00 必着

※こちらからの返信を持って受付完了とさせていただきます。
(メール送信から 2 日経っても返信が無い場合、送受信事故が考えられますのでお手数ですがお電話にてお問い合わせください)

《結果のご連絡》

参加の可否に関わらず、4 月 18 日(水)までに、お電話もしくは E-MAIL にてご連絡致します。

《お申込み・お問い合わせ》 Next Producers Camp実行委員
担当:赤羽ひろみ 090-4130-1775 / npc2012.info@gmail.com

posted by NPC実行委員 at 01:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

【NPC2012】ナビゲーター紹介


仲村和生 NAKAMURA KAZUO

(株式会社ネビュラプロジェクト・キャラメルボックス チーフプロデューサー/株式会社ナッポスユナイテッド 代表取締役)
昨春、ハインラインの小説『夏への扉』を7年かけて世界で初めて舞台化したが、公演期間中に震災に見舞われる。代表作は、恩田陸書き下ろし戯曲 『猫と針』(演出:横内謙介)、東野圭吾原作『容疑者 X の献身』(脚本・演出:成井豊)、日本テレビ開局 50 周年記念企画「福澤一座」、中野区演劇祭など。文科省現代 GP プログラム外部評価委員。大阪市立芸術創造館「プロデュース実践講座」講師。

《参考リンク》
株式会社ネビュラプロジェクト http://www.nevula.co.jp/
キャラメルボックス http://www.caramelbox.com/


伊藤達哉 ITO TATSUYA
(有限会社ゴーチ・ブラザーズ代表取締役/阿佐ヶ谷スパイダース制作代表)
早稲田大学在学中に演劇活動を開始し 00 年より、「阿佐ヶ谷スパイダース」の制作代表を
務める。その後、株式会社アール・ユー・ピーを経て、04年に「阿佐ヶ谷スパイダース」を法人化し、演劇制作会社ゴーチ・ブラザーズを設立、代表を務める。「阿佐ヶ谷スパイダース」以外にも様々なプロデュース公演等の制作に携わる。最近の主な参加作品に、真心一座身も心も『流れ姉妹ザ・ファイナル』(本 多劇場)、
葛川思潮社『浮標』(神奈川芸術劇場他)、 阿佐ヶ谷スパイダース『荒野に立つ』(シアタートラム他)、Théâtre desAnnales『ヌード・マウス』(赤坂レッドシアター)な どがある。公益社団法人日本劇団協議会常務理事。

《参考リンク》
有限会社ゴーチ・ブラザーズ http://www.gorch-brothers.jp/
阿佐ヶ谷スパイダース http://asagayaspiders.net/


野村政之 NOMURA MASASHI
(青年団、こまばアゴラ劇場制作)
1978 年生、長野県塩尻市出身。大学で演劇をはじめる。役者、音響、宣伝美術、 作、演出などで活動。06 年から民間会社が指定管理者となっていた公共ホールに 勤務。企画・貸館・施設管理・市民劇団の対応等の業務を担当。07 年から劇団 青年団・こまばアゴラ劇場に制作として勤務。並行して、若手演出家の公演に さまざまな形で参加。ドラマトゥルクとして参加した、ままごと『わが星』 (作・演出:柴幸男)、サンプル『自慢の息子』(作・演出:松井周)が、 2010,2011 年に岸田國士戯曲賞を受賞。桜美林大学非常勤講師、アサヒ・アート スクエア運営委員。

《参考リンク》
青年団 http://www.seinendan.org/
こまばアゴラ劇場 http://www.komaba-agora.com/
posted by NPC実行委員 at 01:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。