次項有Next Producers Camp 2013 in新潟 開催決定!

2013年6月21日(金)〜23日(日) 2泊3日@新潟りゅーとぴあ

《ナビゲーター》
・仲村和生 (株式会社ネビュラプロジェクト・キャラメルボックス チーフプロデューサー/株式会社ナッポスユナイテッド代表取締役)
・松浦茂之(公益財団法人三重県文化振興事業団 文化会館事業推進グループリーダー)
・伊藤達哉 (有限会社ゴーチ・ブラザーズ代表取締役/阿佐ヶ谷スパイダース制作代表)

・野村政之 (青年団、こまばアゴラ劇場制作)

soon

2012年04月04日

【NPC2012】ナビゲーター紹介


仲村和生 NAKAMURA KAZUO

(株式会社ネビュラプロジェクト・キャラメルボックス チーフプロデューサー/株式会社ナッポスユナイテッド 代表取締役)
昨春、ハインラインの小説『夏への扉』を7年かけて世界で初めて舞台化したが、公演期間中に震災に見舞われる。代表作は、恩田陸書き下ろし戯曲 『猫と針』(演出:横内謙介)、東野圭吾原作『容疑者 X の献身』(脚本・演出:成井豊)、日本テレビ開局 50 周年記念企画「福澤一座」、中野区演劇祭など。文科省現代 GP プログラム外部評価委員。大阪市立芸術創造館「プロデュース実践講座」講師。

《参考リンク》
株式会社ネビュラプロジェクト http://www.nevula.co.jp/
キャラメルボックス http://www.caramelbox.com/


伊藤達哉 ITO TATSUYA
(有限会社ゴーチ・ブラザーズ代表取締役/阿佐ヶ谷スパイダース制作代表)
早稲田大学在学中に演劇活動を開始し 00 年より、「阿佐ヶ谷スパイダース」の制作代表を
務める。その後、株式会社アール・ユー・ピーを経て、04年に「阿佐ヶ谷スパイダース」を法人化し、演劇制作会社ゴーチ・ブラザーズを設立、代表を務める。「阿佐ヶ谷スパイダース」以外にも様々なプロデュース公演等の制作に携わる。最近の主な参加作品に、真心一座身も心も『流れ姉妹ザ・ファイナル』(本 多劇場)、
葛川思潮社『浮標』(神奈川芸術劇場他)、 阿佐ヶ谷スパイダース『荒野に立つ』(シアタートラム他)、Théâtre desAnnales『ヌード・マウス』(赤坂レッドシアター)な どがある。公益社団法人日本劇団協議会常務理事。

《参考リンク》
有限会社ゴーチ・ブラザーズ http://www.gorch-brothers.jp/
阿佐ヶ谷スパイダース http://asagayaspiders.net/


野村政之 NOMURA MASASHI
(青年団、こまばアゴラ劇場制作)
1978 年生、長野県塩尻市出身。大学で演劇をはじめる。役者、音響、宣伝美術、 作、演出などで活動。06 年から民間会社が指定管理者となっていた公共ホールに 勤務。企画・貸館・施設管理・市民劇団の対応等の業務を担当。07 年から劇団 青年団・こまばアゴラ劇場に制作として勤務。並行して、若手演出家の公演に さまざまな形で参加。ドラマトゥルクとして参加した、ままごと『わが星』 (作・演出:柴幸男)、サンプル『自慢の息子』(作・演出:松井周)が、 2010,2011 年に岸田國士戯曲賞を受賞。桜美林大学非常勤講師、アサヒ・アート スクエア運営委員。

《参考リンク》
青年団 http://www.seinendan.org/
こまばアゴラ劇場 http://www.komaba-agora.com/
posted by NPC実行委員 at 01:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。